結婚前提の交際について

私が26歳だった時に付き合っている彼女と別れ、新しい彼女と付き合いだした時の話です。

新しく付き合いだした彼女(以下Aさんとします)がいました。Aさんは会社の同僚だったのですが、彼女のほうから交際の告白がありました。その時は特別に好きな感情はあまりなかったのですが、更に別にデートなどでよく遊んでいる別の彼女(Bさん)がいました。Bさんは会社の取引先の方でした。自分としてはBさんと過ごしている時のほうが楽しかったので3回目のデートで、結婚も視野に入れた交際をこちらからしました。「返事は愛媛で1週間後にしてほしい」と私から言いました。Aさんからの告白はBさんとの関係のほうが深いので、交際を断ろうと考えていました。しかしBさんからの返事を伺う予定の日、会社の先輩が「一緒に帰らないか?」との話しでどうにも断ることができず、先輩にも取引先のBさんの存在を感づかれるので、仕方なく最寄駅まで一緒に歩いていきました。その後、先輩と別れ、返事の為の待ち合わせ場所に行ったのですが、Bさんはもう帰ったあとでした。電話で事情を話そうとしましたが、かなりのご立腹で電話にもでず、取引先にも仕事を口実に何度か訪問しましたが、会ってくれませんでした。仕方がないので留守電にメッセージを残したのですが、Bさんからの連絡はその後ありませんでした
Bさんに対しての想いは自分にとっては重要で初めてのデートにこぎつけるまでも半年かかりました。追いかけるのにも疲れてしまい、「お互いに冷却期間が必要なのかも」とも考え、暫くはそっとしておくことにしました。Aさんにも交際の告白をうけていたので、きちんとした返事をしなければとも思っていましたが、Aさんはとてもそういう雰囲気ではなく、かなりこちらに好意をもっていることが次第に解ってきました。Aさんに対する想いもBさんとの距離が空いている時期が左右してしまい、どうしたらいいのかわからなくなっていきました。
しかし2か月後、Bさんから電話がありました。こちらは少し気持ちを整理したいので電話にでませんでした。しかし、何日かあと、「もういいの?」との伝言がBさんからあり、別の同僚からその話を聞きました。Aさんは泣き出してしまいトイレに向かいました。その時、Aさんの側に黙って居、Aさんは泣きながら「追いかけたらいいよ」とのことでしたが、Bさんには告白の話はなかったことにして頂きました。

愛媛闇金解決