疲労やストレスから身体がにおう

汗は「臭い」と思っている人が多いのではないでしょうか。
汗自体にニオイはなく、汗が臭う場合は身体の中に原因があることが多いです。
30~40代以降の人に増えているのが、「疲労臭」と「ストレス臭」です。

人は疲れると身体にアンモニアが増えますが、普段は肝臓のオルニチン回路で処理されます。
ところが、肝機能が低下するとオルニチン回路の処理が滞り、身体に広がったアンモニアが汗から出て「疲労臭」になります。

ストレスが強いと、ホルモンの影響で皮脂腺の働きが活発になり、皮脂が増えます。
これと同時にストレスは活性酸素を増やすので、この2つが結びつき、皮脂が酸化して「加齢臭」と同じようなニオイが発生します。これが「ストレス臭」です。
上記二つはいずれも身体からのSOSサインなので、生活習慣を改善して休養を取り、疲れやストレスを解消しましょう。

ニオイの原因はさまざまですが、自分のニオイが気になるなら、その原因を知り、原因に合った対策を行いましょう。

クリアネオの購入を考えている方はこちらから!