ワキ脱毛の方法

ワキ脱毛の方法にはいくつかの種類があります。まず、ニードル方式と呼ばれる針による脱毛があります。針脱毛の場合、針の痛みと燃焼の痛みが強く、また1本処理するごとに15秒程度かかる脱毛方法です。ワキの下のごく限られた範囲のムダ毛を処理するだけでも、結構な施術時間がかかってしまいます。1度の施術では終わりませんので、針脱毛は30回くらいは受けることになります。また、肌が弱い人はトラブルが起きる可能性があります。レーザーの照射によるワキの脱毛は、施術回数が多く痛みを伴いがちの針脱毛に比べると負担が少なく、多くの人が利用している脱毛方法です。ただし、医療用レーザーでワキの脱毛処理をする時は強い痛みを伴いますので、3~4本程度の処理を1回に行うことになります。30分程度の施術時間をかけて、少しずつレーザー光を照射していきます。肌が弱い方は、医療レーザーで脱毛をすることによって、肌が赤く荒れたり火傷痕のようになってしまうことがあります。ですが、針脱毛よりは、医療レーザーでの脱毛の方が気軽に利用できるようです。近年、利用者が増えてきているワキの脱毛方法にアールズ脱毛があります。レーザー脱毛や針脱毛と比較すると痛みが少なく、肌へのダメージについても配慮がなされており、150本~80本の脱毛か1回の照射で可能な点が特徴です。広いエリアを1回の施術でカバーできてしまうところも嬉しい点で、肌が弱い人や痛みに強くない人でも安心して受けられますので、ワキの脱毛方法の中でもおすすめのやり方です。洋服レンタル