個人信用調査の調査内容とは

探偵社や興信所は個人使用調査依頼を受けた際、どのような調査を行うのでしょうか。

まずは調査依頼者との綿密な打ち合わせを行い、調査対象者の行動パターン等を絞り込みます。
この打ち合わせで得られる情報量で調査期間、調査費用も左右されます。
そして実際の調査に入りますが、探偵社、興信所に認められている調査方法は『尾行、張り込み、聞き込み』ですので、これらを駆使して調査を行います。
尾行は対象者の後をつけ、対象者の行動を数時間かけて追跡し、行動監視しながら素行を調べます。
尾行は探偵社や興信所の調査の基本といえるでしょう。
張り込みは調査対象者が何時間かとどまっていれば、そこからバレない程度の距離から調査対象者を監視することです。
聞き込みは調査対象者についての情報収集を聞いて回るわけですが、調査員が調査員であることを公表して聞き込み調査を行えば調査対象者の耳に入り、調査バレの可能性も出てきますので、自然な振る舞いで調査対象者の話をできる位置関係にならなければなりません。
『尾行、張り込み、聞き込み』は特殊技能を思った調査員が行うことで調査が完了しますので、決して素人ができるものではありません。